ミュージックソムリエ協会blog

シチュエーション別の音楽や、ミュージックソムリエ協会の日々の活動状況などをお伝えします!

2015年02月

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聞きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聞きたい音楽を選曲しました。選曲すべて、ミュージックソムリエによるもの。
バレンタインで告白に成功した恋がそろそろ、次の段階に進む頃ではないでしょうか?人生の中で、南国果実のように甘い時など瞬時で過ぎますよ。今の記憶を大事にブックマークしときましょう。

 

ベイビー・アイ・ラブ・ユー/ シェネル


マレーシアに生まれ、オーストラリアで育ち、中国人を父に持ち、母親はインドとオランダのハーフという、実に生まれも育ちも多彩な女性です。
全米デビューを果たしたものの、火はつかず、先に日本で有名になってしまったシンガー、シャネル。わかり易い歌詞、優しいメロディ、大げさすぎない包み込み系のストリングス。言うなれば、西洋系松田聖子でしょうか。実に日本人好きする作品です。
朝目覚めて、隣でこの歌をハミングされていたら、また再び深い眠りの中に逃げ込みたくなる・・・なんて事を言っては行けません。「ハニー アイラブ ユートゥー」とかいいながら、もいちどベッドに引きずり込めば寒い朝も暖房知らずでしょう。

(選曲・文/レッド・ミスト・アイランド)

 


「ビューティフル・ネーム」/ゴダイゴ     


昨日はなんだか幸せで眠れなかったのに、早く目が覚めてしまった。隣には寝癖の付いた、無防備な彼の寝顔。

一定のリズムで聞こえる寝息。いつもはかっこ良く見える彼が子供のように可愛く見える。

朝陽を浴びて、キラキラと輝くまつ毛を見ながら、今までに感じた事の無い気持ちが急に心に浮かび動揺する。

これが本当の愛してるという感情なのだろうか。授かるかどうかは、また別の話だけれど、

「この人の子供を産みたい。」そんな気持ちが浮かぶのは女性特有の「愛」なのかもしれません。

子供への愛や異性への愛、自然や地球に対する愛など、愛に溢れた楽曲も多いゴダイゴ。

彼らの国籍にとらわれないコスモポリタンな魅力が溶けた楽曲とともに、愛する人への新たな気持ちも溶け出します。

(選曲・文/和久井直生子)

 


How Does It Feel」/ Giovanca

オランダ出身でモデルとしても活躍中のジョヴァンカ。この曲は話題の「テラスハウス」でも番組挿入歌として起用されていました。
ふんわりと耳触りの良い歌声は、優しい朝の陽射しの中で微睡みながら聴くのにピッタリ♪ 現代版「Lovin' You(ミニー・リパートンhttp://youtu.be/kE0pwJ5PMDg)といっても過言ではないくらい、文句無しに幸せな気持ちにさせてくれます。

愛しい人の眠る横で目覚めた朝は、BGMにこの曲をぜひ。印象的なラララララ〜♪のメロディーが、きっとその日1日脳内をリピート。ふとした瞬間口ずさみたくなって、その度に2人の幸せな夜のことも思い出しちゃうかも…

(選曲・文/高原 千紘)

 


How Deep Is Your Love」/Bee Gees     


好きになり過ぎると、何も疑う必要など無いはずなのに、本当に愛されているのか、どれくらい愛されているのかと、1人勝手に不安になってしまう事はありませんか?

愛する人の隣で頬杖をつき、起きていたら恥ずかしい程の距離で見つめながら、直接は怖くて聞けない事をつぶやいてみる。そんな幸せすぎて不安な朝に聞きたいのがこの楽曲。解散後も、再結成後も変わらぬ人気と魅力を保つイギリスのグループ、take that によるカバーも捨てがたいが、朝陽を浴びながら聞きたいのは、やはりBee Geesの軽やかでありながらも、甘く心に届く歌声であろう。発売から40年近く経っても、彼らの歌う愛は色あせない。愛しい人が目を覚ましたら「おはよう」と笑顔で抱き合い不安を消し去りながら、今度は一緒に聞きたい。

(選曲・文/和久井直生子)

 


「くちづけ」/ルイージ・アルディーティ


アルディーティは、19世紀のイタリア生まれの作曲家。

ヴァオイリニストでもある彼の歌曲は、

舞踏会のワルツを彷彿とさせる軽快な旋律とともに、

イタリア人らしい、「愛」へのほとばしる情熱を感じずにはいられません。

 

「あなたにくちづけすることができるなら、数千もの喜びを語らずども、

 私の喜びあふれる愛があたなに伝わることでしょう。。。」

 

静かにも情熱的な歌詞の冒頭ですが、

男性の声で歌われてもよさそうな内容であるにも関わらず、

ソプラノ(女性の高音域の歌声)で歌われるからこそ、

やさしくも、しおらしい、純粋な愛の歌曲に思われるのは、作曲の妙といえましょう!

(選曲・文/堀川将史)

 


「いつのまにか少女は」/井上陽水

想像してください。持田香織に似たかわいい少女が横でぐっすり寝ている中で迎えた朝を…。
というわけでこの曲は200410月に彼女がカバーしたことでも話題になった井上陽水の名曲。初出は1973年、シングル「夢の中へ」のB面曲として発表されたもの。両曲とも栗田ひろみが主演した映画『放課後』の劇中歌として使われていて、この曲は挿入歌として起用されました。

穏やかなイントロは窓からの日差しを表現したものでしょうか。終始繰り広げられるこの曲の雰囲気はどこか儚さにも似た、ちょっとした大人の香りを感じさせます。こういうシチュエーション、やっぱり憧れますねぇ。

(選曲・文/柏井要一)

 


Lost Stars/映画「はじまりのうた」から


 キーラ・ナイトレイ主演作品。

音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)は、何年もヒットが出せず、酒に溺れ、家族にも見放され、ある朝創設したレーベルヘッドを共同経営者から解雇される。自暴自棄の中、地下鉄のホームで自殺を考えるが、信号故障で列車が遅れ、ふと入ったライブハウスでキーラ演じるグレタの歌に出会う。観客の誰からも注目されないその歌の中に、輝く何かを見いだしたダンはグレタをスカウトする。しかし、彼女はデモテープも持っていない。自分にはスタジオを借りる金もない。ならば、逆転発想でスタジオに入らず録音してしまえと、Pro-toolsを抱え、ギャラ後払いでミュージシャンを集め、NYの街中でレコーディングを開始する。

この曲はグレタがかつての恋人デイヴ(マルーン5のアダムレヴィン) にクリスマスプレゼントとして送った曲です。これから始まる二人の夢のようなストーリーを少し恐れも予感しながら綴ったという設定です。
主題歌はアダムレヴィンが歌っていますが、劇中キーラが歌うこのバージョンは幸せ一杯というよりは佳き日を思い返しながらなので、少し涙をこらえながらの感じがとても心に沁み入ります。

  (選曲・文/レッド・ミスト・アイランド)


編集:鈴木 健士

出典:ミュージックソムリエ協会staff blog

ミュージックソムリエ養成講座

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聞きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聞きたい音楽を選曲しました。選曲すべて、ミュージックソムリエによるもの。

大阪といえば、何が思い浮かびますか? たこ焼き、串カツ、通天閣、吉本新喜劇・・・ 大阪を舞台にした音楽はたくさんあるけれど、今回は、大阪の魅力を具体的に伝えてくれる歌を選んでみました。これを聴けば、もうガイドブックはいらない?!
桂文枝さん風に、さぁ皆さんも大阪へ「いらっしゃぁ〜い!

●「買い物にでも行きまへんか」上田正樹と有山じゅんじ 
 

上田正樹と有山じゅんじのアルバム「ぼちぼちいこか」には、他にも大阪の魅力を伝える歌が収録されていますが、この歌ではそれぞれの街の特色が上手く歌われています。「人形を買うなら松屋町、船場は呉服の問屋街」 どこに行けば何が買えるのかを、親切に教えてくれる1曲です。 「連れ込みホテルは桜宮」大阪のこんな街情報も大サービス!!
 

●「大阪ストラット」ウルフルズ


大阪は梅田の「三番街から茶屋町」を抜けて、中津にある「カンテGでやっぱチャイとケーキ」、 このカンテGはウルフルズのメンバーがアルバイトをしていたカフェです。(三番街と茶屋町にも あります)ウルフルズのファンはぜひとも訪れたい場所ですね。 この歌は大滝詠一の「福生ストラット」を大阪流にウルフルズがアレンジしてカヴァーした歌なの ですが、さすが関西出身のウルフルズ、大阪をよく描けています。 動画の中でトータス松本が演じる大阪の人たちに見慣れておくと、実際にこんな人に会っても怖 くはありませんよ()!
 

●「ファンキーヴァイブレーション」フラワーカンパニーズ 
 

この歌は昨年、関西のラジオ局FM802とのコラボレーションで生まれました。 愛知県出身のフラワーカンパニーズが、大阪のかなりマニアックな情報まで教えてくれます。 「インディアン食べて」は大阪が発祥の「インディアン・カレー」という人気の老舗カレー店。 そして、「京阪乗ってひらパー行って」の「ひらパー」は、関西で唯一残っている人気の遊園地「ひ らかたパーク」。「清水温泉」は温泉ではなく、泉大津市で毎年開催される野外ロックフェス 「OTODAMA」を主催する大阪のプロモーターの社名、そして「天神橋筋」は1~8丁目まであ る日本一長い商店街で、その3丁目に位置する「南森町」がFM802のスタジオのある場所なのです。

 

●「大阪ラプソディー」海原千里・万里 
 

大阪を代表するオバチャンタレントと言えば怒られるでしょうか?上沼恵美子は、その昔、実姉と海原千里・万里というコンビで漫才をしていました。そして歌も歌われてたのです。関西ではカラオケで人気の歌です。梅田から難波まで続く「御堂筋は恋の道」、銀杏並木にイルミネーションが美しく、恋人同士ならばぜひ歩いてみたい道なのです。「宵闇の大阪は二人づれ恋の街〜」大阪で美味しいものを食べた後は、カラオケでぜひハモってみたい一曲です!
 

●「大阪Lover」ドリームズ・カム・トゥルー 
 

大阪の恋人と長距離恋愛をしている女の子の気持ちを歌っていますが、この彼女は大阪にも憧れを抱いています。「万博公園の太陽の塔、ひさびさ見たいなぁ」とか、「東京タワーだって、あな たと見る通天閣にはかなわへんよ」と、吉田美和の歌う大阪弁がとても可愛い一曲です。あらあら、「おおさかのおばちゃんと呼ばれたいんよ」とまで言ってます! ドリームズ・カム・トゥルーの2007年の歌ですが、今ならば日本一高い「あべのハルカス」 も歌詞に登場したかもしれませんね。


●「関西空港」フレディー

これぞ、ソウルと演歌の融合です。ジェロだけではないのですよ! 日本のソウル・ブラザーの関西出身者はたくさんいますが、本物のソウル・ブラザーが演歌で関西を歌ってくれています。動画も全編関西空港ロケです。日本をこよなく愛するソウル・ブラザー、フレディーが関西空港で「愛が待ってるよ」と歌ってくれていますので、お越しの際はぜひ飛行機で関西空港へ!

(選曲・文章/ミュージックソムリエ:阪口マサコ)

 

編集:鈴木 健士

出典:ミュージックソムリエ協会staff blog 

ミュージックソムリエ養成講座

「サヨナラ妄想!玉砕上等!!好きが溢れて告白したくなる曲」

 

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聞きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聞きたい音楽を選曲しました。選曲すべて、ミュージックソムリエによるもの。

今回は「サヨナラ妄想!玉砕上等!!好きが溢れて告白したくなる曲」です。好きなら、You言っちゃいなよ!片想いなんてやってられない!!好きが溢れて止まらなくなっているアナタに送る曲を選びました。チョコレートとともに、相手にぶつかってしまえ!

 

1.「君に伝えたい」/エミ・マイヤー  


「たとえ君が どの道を選んだとしたとしても 私に言えることは 君を選んだ事のように すべてが簡単ならいいのに…君に伝えたい」。

ブレがない、凛とした強さ、潔さを感じる曲です。

日米で活躍するシンガー・ソングライター、エミ・マイヤー。京都生まれ、シアトル育ちの彼女は、トヨタプリウスのCM曲「オン・ザ・ロード」をはじめ、様々なCMタイアップで話題になったアーティストです。

なお、この曲は日本代表として「We Are The World」の25周年デジタルコンピレーションに収められています。

暖かなスモーキー・ヴォイスで「選ぶことの大切さ」を歌っているこの曲を聴いていると、思い切って前に進めそうな感じがしてきます。

(選曲・文/コーリス)

 

 

2.It had to be you」/Harry Connick Jr.


1924年に発表され、フランク・シナトラやロッド・スチュワートはじめ、多くのミュージシャンが歌っているこの曲。中でも恋する気持ちでいっぱいにさせてくれるのは、甘い歌声で聴いている方がとろけてしまう、ハリー・コニック ジュニアのものでしょう。

実はこの曲、彼がとある女性に一目惚れし、メロメロになっている時にレコーディングされたものなのです。ミュージックビデオで共演しているのは、なんと彼が恋した彼女本人!その後2人は結婚に至ります。恋愛映画のテーマソングでもあるこの楽曲。It had to be you、あなたじゃないと!と思える人に出会えたのは最高に幸せな事。聴いていると好きな気持ちは膨らむばかり。おまけにハリーが大好きな人と結ばれたなんて、恋のお守りになるかもしれませんよ♪こうなったら告白しちゃいましょっ!

(選曲・文/和久井 直生子)

 

 

3.「世界をかえさせておくれよ」/サンボマスター


”妄想卒業。玉砕覚悟。”この言葉を見た瞬間に思い浮かんだのがサンボマスター「世界をかえさせておくれよ」。2009年のシングル「ラブソング」のカップリング曲で発表されたのが初出で、飲料水のCMで耳にしたことある人も多いのではないでしょうか。

とにかくこの曲は”好き”と伝えたい気持ちが溢れ出ています。勢いのあるロックサウンドもさることながら、山口隆さんのボーカルがものすごくリアルといいますか、何と言いますか。特に恋愛経験の少ない奥手な男性には共感できることの多い楽曲だと思います。じゃあ女性にはどうなのかというとまたハマるんですよね。この曲には女優の伊藤歩さんがゲストボーカルとして参加しています。2番の出だしの彼女のソロ、これもちょっとした妄想女子を思わせる感じで説得力あります。

世界をかえさせておくれよ。サンボの持ち歌に例えるとそれが実現した場合、その世界は愛と呼ぶんだぜといったところでしょうか。そして成就した暁には夜を徹してずっとタンバリンを鳴らしたくなる、そんな気分になるかもしれません。

(選曲・文/柏井 要一)

 

4.Eternal Flame」/The Bangles


1989年に全米で第1位となった、バングルスのヒット曲。

後に様々なアーティストによってカバーされるラブソングの名曲です。

ゆったりとしたテンポで刻まれる、ドラム、キーボードが、ドキドキしている鼓動と重なり、聴いているだけで「あなたを好きな気持ち」がどんどん盛り上がってくる感じがします。

告白しようかどうか迷っているあなたも、この曲の勢いにのって、思い切って告白してみてはいかがでしょうか。ちなみに、作曲者の内、スタインバーグとケリーはマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」やシンディー・ローパーの「トゥルー・カラーズ」、ハートの「アローン」などのヒット曲を手がけたソングライターコンビとして知られています。

(選曲・文/コーリス)

5.「カルミナ・ブラーナ~おお、運命の女神よ」 / カール・オルフ

片想いの気持ちが溜りに溜まって、もう自分では耐え切れなくなり、玉砕覚悟で告白するぞっー!っていう時は、どか~んと一発背中を押しまくってくれる曲が必要です。この「カルミナ・ブラーナ~おお、運命の女神よ」は、劇的な導入からして、体中をエネルギーで満たし、いくぞーっていう気分を盛り上げてくれます。途中の神秘的な音楽を経て、最後の金管楽器の咆哮を聴いた後は、もう告白せずにはいられないほどのパワーがみなぎっているはずです。そう、大丈夫。この曲を聴いてエネルギーを充電し、後は、行く末を運命の女神に任せれば、あなたの想いはきっと届くはずです。
(選曲・文/藤井憲治)

 

6.「僕に彼女ができたんだ」/SHISHAMO


ガールズ3ピースバンドの注目株、SHISHAMO(シシャモ)が2013年に出した曲です。彼女ができてうれしくってしょうがない男子の気持ちが微笑ましいです。かわいい彼女ができたことを、みんなに言いふらしたい!でも、まだ言えない!心の中のめちゃくちゃ嬉しい葛藤が、正統派ロックに乗って歌われます。聞いていると、彼のデレデレ具合が簡単にイメージできて、つい顔がゆるんでしまいます。それに、主人公は男子なのに、演奏して歌っているのが女子というギャップも、また可愛い曲です。

曲を聞き終わる頃には、10代のみずみずしさや無駄に有り余るパワーが体にみなぎり、告白モードにスイッチオン!

告白には、やっぱり勢いも必要なものです。元気になる曲を聞いて、思いっきりぶつかってきてください。健闘を祈ります!!

(選曲・文/石井由紀子)

 

編集:鈴木 健士

出典:ミュージックソムリエ協会staff blog

ミュージックソムリエ養成講座

「眠い!眠気を飛ばして 気合いを注入してくれる曲」

 

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聞きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聞きたい音楽を選曲しました。選曲すべて、ミュージックソムリエによるもの。

今回は「眠い!眠気を飛ばして 気合いを注入してくれる曲」です。人生には、寝る時間を惜しんででも、頑張らねばならない時もあります。受験や締切の迫ったプレゼンなどなど・・・。寝たい!という気持ちを振り払ってくれる曲をどうぞ。

 

 

1.恋のメガラバ」/マキシマムザホルモン


 

やらなきゃいけない事があるのに、何をやっても、どーやったって眠い!そんな時にはこの曲で眠気を飛ばして下さいしかし「そうだよね、この曲激しいもんね。目が覚めそう!」なんて軽い気持ちで聞き始めたらその中毒性に飲まれてしまうでしょう。

ボーカル、いや、キャーキャーうるさい方、ダイスケはんのデスボイスにシャウト、そこに続けてマキシマムザ亮くんのお腹に響くボーカル。そのまま行くのかと思いきや、亮くんとナヲちゃんと言う姉弟の歌声が生み出す、心地よいポップなメロディー!ただ激しいのではなく、この緩急の繰り返しに脳が覚醒してしまうのです。

(選曲・文/和久井 直生子)

 

 

2.Wake Up Everybody ft. Melanie Fiona, Common」/John Legend, The Roots

 
Wake up everybody, no more sleepin in bed」(みんな目を覚ませ、ベッドで寝ている場合じゃない)眠くてたまらない時に聞くとドキッとする語りかけで始まるこの曲は、ソウルシンガーのジョン・レジェンドが、ヒップホップグループのザ・ルーツと組んで2010年に発表したカバー曲です。
コーヒーをたくさん飲んだのに、ミントタブレットを2箱も空けたのに、眠くて眠くて仕方ない・・・明日は大切なプレゼンが待ち構えているというのに!

そんなピンチに陥った時でも、この曲をかければ、歌い出しで頭を小突かれ、それに続くメラニー・フィオナのパワフルな歌声で目が開きます。そして、自然と体が動く曲のリズムで血圧が上がり、サビの二人の掛け合いで立ち上がる!間奏でコモンのラップが始まる頃には、眠気を飛んでいることでしょう。「No more backward thinkin time for thinkin ahead」(過去を見つめている時じゃない、今こそ未来を向くんだ)そう、未来のために、眠気なんかと戦っている場合じゃありません。

 

(選曲・文/楠木 智哉)

 

 

3.「ふりぃ」/阿部真央   


 

眠いけれど、頑張らないといけない。そんな苦境に立たされている受験生に送りたいのが、阿部真央の「ふりぃ」。アコースティックギター1本で力強く歌っている姿、パワーに満ち溢れている声は、受験への不安な気持ちや、怠けて眠ってしいたい、と言ったマイナスな気持ちを吹き飛ばしてくれます。

この曲は、阿部真央が高校生の時に制作したので、同年代の受験生には特に心に響くのではないでしょうか。

「今」「この瞬間」が大事なんだと、疾走感あふれるメロディに乗せて力強く歌う姿は、逃げ出したい気持ちを抑えて、もう一度、机に向かって集中するエネルギーを体に注入してくれます。

 

(選曲・文/永田 英久)

 

 

4.Wake Me Up」/  Avicii


 

眠いけど眠っちゃいけないのならば、も踊ってしまえ。眠気もどっかに飛んで行くはず世界中のEDMイベントで引っ張りだこの ェーデン出身のDJ、音楽プロデューサーAvicii(アヴィーチー)の「Wake Me Up」。アコースティックギターのイントロは、なんだか和む感じですが、曲がどんどん進みエレクトリックな音が増えていくのと共に、アドレナリンが分泌されていきます。聞いているうちに「Wake Me Up」「起こしてくれ」という言葉の通り、頭も目もスッキリ!!

さて、この曲は「僕がもっと賢くなって大人になったら目覚めさせてくれ」「全てが終わったら僕を起こしてくれ」というようなことを言っているのですが、抽象的な歌詞で捉える人によって意味合いが変わってくる印象があります。歌詞の意味を、単に「睡眠を取る」という意味ではなく、力を蓄えるために「眠っている」と考え、今の状況と重ね合わせれば、眠気覚ましだけではなく自分を鼓舞する曲になるかも。

(選曲・文/石井由紀子)

 

 

5.Last Love Letter」/チャットモンチー  


 

眠いのを我慢してまでやらないといけないこと。それは、きっと自分の未来を切り開くための大切なことでしょう。深夜3時、しーんと静まり返った部屋の中で孤独を感じてしまうこともありますよね。

そんな時に聞きたいのが、チャットモンチーのLast Love Letter」です。ゴリゴリのベースソロに、ドラム、ギターが続くパンチのあるメロディーと、橋本絵莉子が優しく歌い上げる声が、心に沁み渡り、次第に目標を思い出して、目が冴えてきます。

ラストのワンフレーズ「わたしの届かぬあなたへ 愛のある日々を 栄光の結末を」という言葉を胸に、自分への応援歌として聞いてみてください。

 

(選曲・文/永田 英久)

 

 

 

 

編集:鈴木 健士

出典:ミュージックソムリエ協会staff blog

ミュージックソムリエ養成講座

 

このページのトップヘ