ミュージックソムリエ協会blog

シチュエーション別の音楽や、ミュージックソムリエ協会の日々の活動状況などをお伝えします!

★☆ミュージックソムリエ協会の活動を発信中☆★
日々、どういう活動をしているのか?
なかなか表面的にはお伝えできない毎日の奮闘ぶりだったり、
・・・じゃなかったりをお届けします!

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は、ひな祭りにちなんで「女子力向上!ガールパワーソング」をお届けします。

  

「素晴らしきデラックス」/GO-BANGS

●「夢は叶えるために見るものよ」と歌った女子力最強バンド

GO-BANGSは、忌野清志郎に見出されて、30年近く前に活躍した女子3ピース・バンドです。ポップで、ガーリーで、コミカルな上に、エッジが効いていて、したたか。女子力最強で、今日の“kawaii”の元祖といえるでしょう。1989年作のこの曲は、ガールズ・ロックに、ボカロ、ラウンジ、更にはセックス・ピストルズ、レッド・ツェッペリンまでギュウギュウ詰め。どんな夢も容易く叶うと思わせてくれる、まさにデラックスな、今こそ聴いてほしい傑作です。ちなみに、現在はボーカル森若香織のソロ・プロジェクト(https://www.moriwaka-kaori.com)として復活中。

(選曲・文/藤原学)



  

「I」/TAEYEON

●少女時代のテヨンが一人の女性として歌い上げる一曲

日本では「Gee」でおなじみの韓国女性アイドルグループ『少女時代』のメイン・ヴォーカルをつとめるテヨンは、2015年に初のソロアルバム「I」をリリースしました。タイトル曲である「I」は初めて自身で作詞した曲でもあり、歌詞では自らの意思を強く持ち、自由に生きる女性が表現されています。

この曲ではグループ活動で抑制していた歌声や自然体の美しさが引き出されています。また、ニュージーランドで撮影したMVでは、広い大地をバックに思う存分歌う彼女の姿が印象的。

嘘偽りなく自分らしく生きていく女性が一番美しい、そう私に気づかせてくれた一曲です。

(選曲・文/下森也実)


1stミニアルバム - I (韓国盤)
テヨン (少女時代)
SM Entertainment
2015-10-17



  

「ゆめみづき~臼杵の紙雛祭り~」/しらいみちよ

●お城の姫様飾るよな、立派な雛壇ないけれど……

おしゃれ力、スイーツ作り力、アヒルぐち力……身につけたいガールパワーは色々ある中で、究極はやはり「母の愛」の力! ひな祭りをテーマに、偉大な母の愛情がそっと心に沁み込んでくる曲をご紹介します。 

静けさを表現する歌手・しらいみちよが歌う『ゆめみづき』は、大分県臼杵市に伝わるこんなお話に由来した一曲です。『昔~昔のことじゃった。 お城の殿様が、「贅沢なひな祭りをしてはいかーん!」とおふれを出したのじゃ。それでもおっ母たちは愛する娘たちのために、一生懸命に質素な紙でひな人形をこしらえて、幸せを願ったそうな』。 素朴でけなげなこの歌から、母の愛のパワーを感じてください。

(選曲・文/今井義明)


言葉を風に
しらいみちよ
Florestan
2016-12-21



  

歌劇『ロミオとジュリエット』より「私は夢に生きたい」/ディアナ・ダムラウ

●少女の頃の無邪気な自分が蘇る

シェイクスピアの戯曲で有名な『ロミオとジュリエット』を原作とした、同名のグノー作曲作品です。

ロミオと運命の出会いをする前のジュリエットは、乳母に伯爵との結婚を勧められ「もうたくさん!私は夢に生きたいの」と溢れる若さを歌います。明るいワルツの曲調は、春の訪れを表す桃の節句にぴったり。

歌唱はディアナ・ダムラウ。夢というふわりとした実体のないものを、堅固な歌唱テクニックできちんと形あるものに作り上げて聴き手に届けます。夢はかなう、と思わせてくれるところがうれしいですね。

(選曲・文/山本陽子)

 

Girls Just Want To Have Fun」/Cindy Lauper

●自分らしく行こう!と励まされるパーティーソング

サビで繰り返される“女の子は、ただ楽しみたいの”という歌詞、明るいメロディに、シンディの個性的で華やかな歌声。1983年リリースのパーティーチューンですが、楽しいだけでなく、元気をもらえる曲です。両親にそろそろ落ち着いたら?と言われても楽しく生きていたし、男の子にも気兼ねなく自分らしく生きていたいといった歌詞は、まさに女子応援歌。男女平等と言われていても、生きにくいと思うこともある世の中。(男性も同様かと思いますが)でも、悲観しないで、自分らしく楽しく生きればいいんじゃない?とシンディに言われているような感じがして、パワーが湧いてくる一曲です。

(選曲・文/石井由紀子)


シーズ・ソー・アンユージュアル
シンディ・ローパー
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2016-12-21



 

Dirty Work」/オースティン・マホーン

35億!とキャリアウーマン姿で言いたくなる、アノ曲。

旬の芸人といっても過言ではない、ブルゾンちえみ。彼女がネタ中に使っているのが、オースティン・マホーンの「Dirty Work」です。独特のベース音と、ちょっとセクシーな曲の雰囲気が、ブルゾンちえみのメイクやファッションとマッチしているなと感じます。彼女のネタ自体、女性を楽しんでいる様子が伝わりますので、日本では、この曲はガールパワーを感じる曲と言えるのではないかと。

ちなみに、オースティン・マホーンは、1996年生まれの20歳のシンガー。2013年には、テイラー・スウィフトのツアーにも参加するなど超人気アーティストです。日本でもこれを機に、大人気になるかもしれませんね。

(選曲・文/石井由紀子)


Dirty Work
BMG Rights Management (US) LLC
2016-07-19



 

John Ryan's Polka」/アイリッシュトラディショナル

●映画「タイタニック」から紐解く女子力への期待!

19世紀、イギリス支配下にあった多くのアイルランド人は、新天地での自由に満たされた未来を夢見て、こぞって新大陸のアメリカを目指しました。映画『タイタニック』で、3等客室の食堂でアイリッシダンスが陽気に踊られているシーンは、期待を膨らませて旅に出る移民達の心情を象徴しているものなのかもしれません。今回ご紹介する「John Ryan's Polka」はこの名シーンにて用いられて、ケルトブームを牽引する一曲となりました。

劇中でバグパイプを演奏(出演)しているのは、著名なバグパイプ奏者のエリック・リグラーです。

「女子力」という言葉がキーワードの一つになり、女性ならではの観点による様々な分野への影響力が勢いを増す中、男子の自分も負けずに己を磨いて、素敵な仲間達と“人生のセッション”を楽しみたいものです!

(選曲・文/堀川将史)





 

さて、お気に召した選曲はございましたか。

ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、楽曲をお楽しみいただければ幸いです。

 

それでは、また次回♪

 


編集:吉川さやか

参考:ミュージックソムリエ養成講座

 

「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信サイト“TAP the POP“にて月曜日(不定期)、ミュージック・ソムリエによるコラムをお送りしています。ぜひご覧ください!

■ヴォーカリストとしての魅力が花開いたジョージ・ベンソンの「マスカレード」
http://www.tapthepop.net/sommelier/58558

選曲のエキスパートミュージックソムリエがあなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は、今春来日アーティストの厳選楽曲を、ライブ情報とともにお届けします。

 

[はじめに]

毎月、多くの海外アーティストが来日してライブを行っていますが、20174月はラインナップが凄い!毎週グラミー賞級もしくはレジェンド級のアーティストが、ライブを繰り広げます。

こんなに一気に来られても、お金が追いつかないわ…と泣き言を言いたくなる今日この頃。ちなみに私は、ポール・マッカートニーのチケットを取るだけで精一杯でした。

話を本題に戻しまして、4月来日アーティスト、中にはまだチケットが手に入るライブもありますので、ぜひチェックしてみて下さいませ!

  

I Wanna Be Adored」/The Stone Roses

●後のブリットポップに影響を与えたマンチェスター発のバンドと言えば!

1983年結成。1996年に解散し、2011年に再結成したザ・ストーン・ローゼス。この曲が収録されている『THE STONE ROSES』は、1989年に発売された作品です。1曲目を飾るのが、「I Wanna Be Adored」。イントロだけでおよそ150秒。何かに追われて心臓がバクバクしているような音に、ベースが乗り、そしてギターとドラムが合わさり……という感じで、じわじわと引き込まれる感じが、とても好きです。

ちなみに、421日(金)の日本武道館はソールドアウト。22日(土)の同会場での追加公演が発売中です。


  

A Sky Full Of Stars」/ColdPlay

UKが誇る21世紀を代表するスーパーバンドを東京ドームで!

1997年にロンドンで結成された、コールド・プレイ。デビューアルバムから爆発的なヒットを飛ばし、世界的な人気を誇るスーパーバンドです。419日(水)の東京ドーム公演は、即売り切れでした。しかも当日のゲストアクトは、RADWIMPSだそうです。

A Sky Full Of Stars」は、2014年のアルバム「Ghost Stories」に収録。EDMとロックが混ざる音が非常に気持ち良い一曲ですが、歌詞もまたロマンチック。“君は僕にとって満天の星だから、君に僕の心を捧げるよ”なんて、今ココで書いているだけで顔がニヤついてしまう……。

あぁ、この曲がかかった瞬間、東京ドームが沸き上がる光景が目に浮かびます。音漏れだけでも味わいに、東京ドームの前に行こうかしら。


  

Carry On」/Norah Jones

●深く優しく響く歌声に心癒される。日本武道館で聴くジャズの一夜を堪能したい

どの曲でも、一音目を耳にするだけで、まるでNYのジャズクラブに足を踏み入れたような、上質な時間が味わえるのがノラ・ジョーンズの魅力のひとつだと思うのです。

ピアノとオルガンをベースに、ゆったりとしたテンポで歌われる「Carry On」は、優しく“前へ進みましょう”と聴く人に語りかけてくれます。ちょっと苦い思い出も、やさしく洗い流して、前に進む力を与えてくれる、癒しと活力をくれる歌です。この曲のYoutubeにアップされている日本語訳は、作家の川上未映子さん担当。歌詞も味わいながら楽しめます。

ノラ・ジョーンズは、413日(木)14日(金)、追加公演の15日(土)の日本武道館のほか全国6都市でライブを行います。


  

Put Your Records On」/Corinne Bailey Rae

●穏やかで気持ちの良い時間を満喫するなら、このライブ!

温かみのある歌声が魅力のコリーヌ•ベイリー•レイ。イギリスのシンガーソングライターです。2006年に発表された「Put Your Records On」は、アコースティックギターに合わせて、いまの自分を悲観しないで進んでいこうと言ったメッセージを歌っています。側で励ましてくれる親友のような優しい前向きソングです。

ライブは、410日(月)は大阪 IMPホール、411日(火)は東京 赤坂BLITZで開催です。


  

Real Love」/MARY J.BLIGE

●今に繋がるR&Bの源流を体感できる!レジェンドのライブ

クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルと賞賛されるメアリー・J・ブライジ。6度のグラミー賞受賞など輝かしい実績を持ちながら今も現役で作品をリリースするレジェンド級のアーティストで、後のR&Bシンガーに多大なる影響を与えています。この曲は1992年にリリースされたセカンドシングル。90年代のR&Bの雰囲気が良く分かる曲ですし、まさにこれで、トレンドの方向性が決定づけられていることを痛感する一曲です。

ライブは、417日(月)大阪 なんばHatch419日(水)20日(木)東京 STUDIO COAST開催します。


  

[さいごに]

以上5組ご紹介しましたが、他にも4月に来日するアーティストは、超豪華。

サンタナ、エアロスミスのスティーブン・タイラー、ドゥービー・ブラザーズ、そしてミュージカルスターで、米版「アナと雪の女王」のエルサ役でも有名なイディナ・メンゼルなど……こんな一気に来られても、行けないってば!!

 (選曲・文/石井由紀子)

 

【ページ末クレジット】

編集:吉川さやか

参考:ミュージックソムリエ養成講座

このページのトップヘ